性別適合手術(乳房切除)で無くした乳輪を再生するアートメイク

乳輪アートメイクの施術例をご紹介します。

S様は元は女性。

今は戸籍も男性として暮らしていらっしゃる、30歳のGID(性同一性障害)の方です。

性別適合手術(SRS)のひとつとして、都内某病院で両乳房切除したのが2年前。

その際に乳輪・乳頭も無くなってしまったのですが、乳頭のみ同時移植して、現在は小さい乳首が残っている状態です。

BEFORE 施術前

IMG_68381

(画像クリックで大きくなります)

乳房切除の手術はすごく大変だったそうで、死ぬ様な思いもしたそうです。

笑って話してくださるS様ですが、手術跡がいかに大変だったかを物語っています。

「このまま(乳輪がないまま)でも良いかと思っていたんだけど・・・」

確かにあまり見える場所ではないですが、男性として生きていくと、温泉施設やプール、いろいろな場面で上半身をさらすことも多いです。

やはり乳輪があったほうが自然ですね。

まずは大きさを決めます。

IMG_68441

男性なので、乳輪は気持ち小さ目です。

実はマーキング通り、真ん丸には入れません。

真ん丸の乳輪じゃおかしいですからね。

少しいびつな位が自然です。

そして、どうなったかというと・・・


AFTER  施術直後

IMG_68511

施術食後で、しかも1回目なので、赤い乳輪に見えますね。

これは施術の刺激で赤くなっているので、赤い乳輪にはなりませんのでご安心ください。

形も赤みで真ん丸に見えますが、薄くなってくるとボケて真ん丸ではなくなります。

以前にくらべて、「普通の胸」な感じになりました。

痛みもあまり無かったようでよかったです。

同じ悩みを抱えた方(FTM)のお役に立てれば、とお写真の公開を快諾してくださいました。

S様ご協力ありがとうございました!

PAGETOP